アクポレス

にきびの痕の治療はレーザーが効果的

お肌ににきびがよくできることが困りものだという人は多いですが、にきび痕に悩まされているという人もいます。
にきびができた時に、下手に刺激しすぎてにきびを赤く腫れさせてしまった場合などは、にきび痕になって皮膚を損傷することがあります。
皮膚の深い部分にまでにきびによる肌の浸食が進むと、お肌に回復不能のダメージを受けることがあります。
にきびがひどくなると、一見元通りに回復したように見えても、クレーターのような表面のでこぼこができてしまうことがあります。
何もしなくても、皮膚本来の治癒力でにきびが消え去ることは多いですが、それまでは、にきびをつついたり、触ったりしすぎないようにしましょう。

 

にきびが悪化して、治ってからも皮膚ににきびクレーターがある時は、時間をかけて直さなければいけません。
にきび痕を改善すために、ビタミンCが入った化粧水をつけて皮膚の代謝わ促進している人もいますが、効果が実感できるまで時間を要してしまいます。
皮膚科の専門医に判定をしてもらって、にきび痕の改善にはどんなことがいいかなど、対処法について話を聞くのもいいやり方です。
お肌の状態や、にきびの症状は、人によって違います。
どんな処置をすればにきび痕を残さないようにするか、場合によっては病院で診断してもらいましょう。

 

お肌にちょっとだけ穴をあけ、にきびの内容物を全て取り出したり、新しい皮膚細胞ができるようにお肌に刺激を加えるなどして、にきびからの回復を促すことが可能になります。
にきび痕クレーターが目立たないようにするために、炭酸ガスレーザーを皮膚に照射して、皮膚のでこぼこの角を削り落とすという方法もあります。
日々のお肌の手入れだけでは、にきび痕への対処が難しいことがありますので、医療機関を受診することも考えるといいでしょう。

にきび痕を皮膚科で治療する方法

お肌ににきびができたときに、そのままにしている人もいますが、改善の見込みがない時は皮膚科で診察してもらうのもおすすめです。
にきび程度で皮膚科に行くのはためらわれるという人もいますが、にきびがひどくなると痕が残ることもあります。

 

にきびには2つの種類があり、思春期にきびと大人にきびです。

 

若いうちは、皮脂の分泌が活発なために、にきびができやすい肌質になっていますが、成長にすれば解消されます。
思春期のにきびは、若さゆえの皮膚の回復力で元の皮膚に戻りますので、あまりいじりすぎたり、つついたりしないほうがいいでしょう。

 

成人してからできるにきびは、不健康な食事や、精神的なストレスによる肌の免疫力低下が原因です。
回復が遅く、にきび痕ができやすいにきびになります。
皮膚の快復力が衰えるのは、成人後は誰でも起こりえることですので、皮膚の回復は困難です。
レーザーを用いた皮膚科の治療を施すという方法もあります。ほくろやシミを取る事が出来るレーザー治療は、にきび痕を消すにも効果的な方法です。
除去したいにきび痕にレーザーをあててかさぶたをつくり、新しい皮膚細胞かできるように促すという美容施術です。
症状によっては、いくつもにきび痕があり、全てをレーザーで除去したいということがありますが、費用や施術回数をまず明確にする必要があります。

 

にきび痕の治療は、保険の適用外になることもあります。

 

まずはカウンセリングを受けて、にきび痕の治療方法や、費用についてよく確認してください。