アクポレス

ニキビ予防の食べ物

ビタミン類はニキビ予防に効果のある栄養素です。

 

特に、ビタミンA、E、Cは、ニキビの原因となる遊離脂肪酸の酸化を強力に食い止める働きをしてくれるので、意識的に摂取したいものです。
ビタミンAには、小松菜やにんじん、ホウレン草など
ビタミンEには、たらこやさんま、かぼちゃなど
ビタミンCには、たらこ、金目鯛、アボカドなどに多く含まれています。
ビタミンCは、ニキビ抑制効果のほかにも、コラーゲンの生成や、メラニン色素の抑制など肌のトラブル全般に大きな効果を発揮してくれます。
そして、何より大事なのがバランスの良い食事です。ニキビ予防に効果があるからといって、ひとつの食品ばかりを摂り続ければ、栄養バランスが崩れてしまいます。

 

こういったことから、多品目を摂取できる日本食はニキビ予防にはもってこいの美肌食なのです。
和食の基本となる米は、できれば玄米を。
玄米には繊維質が豊富で、ニキビの大敵である便秘改善効果があります。
煮物やおひたしなどで、ビタミン類豊富な緑黄色野菜も摂取することができますので、和食中心の食事を心がけましょう。

 

このように体の中からニキビができない状態にしたうえでニキビ専用のアクポレスで毎日のお手入れを行うとニキビの発生率が格段に下がりますよ

 

 

サプリメントも良い手段

 

ニキビや肌荒れにはビタミン系のサプリメントがおすすめです。
そのサプリメントを飲み始めてからニキビができにくくなったという話もよく聞きます。
肌も体の一部、外側からのケアも大事ですが、体の内側からのケアは即効性があるようです。

 

この場合、ビタミンCやBと限定するのではなく、マルチビタミンを飲むのが良いでしょう。

 

2つ目はプラセンタのサプリメントがおすすめです。

 

特に、脂性肌でニキビができるという人よりも乾燥肌と脂性の2つを持つ混合肌又は乾燥肌の方にプラセンタはおすすめです。

 

特に混合肌だと化粧水や乳液、美容液など良いものをいろいろ試しても表からのケアだけでは難しいこともあり内側からのケアとしてプラセンタは有効です。

 

プラセンタは肌の弾力や保湿力を細胞レベルで蘇らせるので乾燥しにくい肌に早くなります。
この2つのサプリメントを併用することで、ニキビのできやすい肌によく効き、ニキビができにくい肌を作りやすくなります。

 

もちろん、外側からのケアは必須ですから、ニキビ専用のアクポレスを使うことで、すでにできているニキビは殺菌作用のある薬用アクネジェルが効果的に炎症を沈め、ふきとり化粧水と保湿乳液でニキビができにくい肌になります。